業務経歴

ケーススタディ

宿泊・興行・集会施設・飲食店

SHホテル 2007

所在地茨城県K市 用途ホテル 構造鉄骨造10階建
敷地1209.80 平方メートル(365.96坪) 延面積3370.42 平方メートル(1019.55坪)

注釈

角地を活用し通り抜け通路にはタクシー乗降場を設置。1階にはコンビニとフラワーショップを誘致、ホテルエントランスホールからは2階ロビーへ誘導する専用エレベーターと廻り階段を計画。吹き抜けのある2階フロントロビーのゆったりとしたスペースには、模様替え出来るディスプレイコーナーを設置、四季折々や地元の歴史、催し物を展示。朝食コーナーは、昼夜の宴会や会議などにも対応可能な空間を。レストランバーカウンター席のバックはガラス張りで外部庭園を堪能できる20席の長いカウンター、フランクロイドライト設計の帝国ホテルのインピアリアルバーと同じく豪華なデザイン。2階からの客室フロアへのエレベーター2機はカード式で宿泊フロアのみへ誘導。シースルーで筑波の峰を一望できます。 客室シングルルームはビジネスには珍しいゆったりとした21uタイプを、最上階は社交の場としてのガーデンテラスのある内外一体のスイート空間を2ルーム(SX客室64uテラス45u・EX客室50uテラス23u)を設置、大きなガラス窓のジャグジーバスからも日光連山、富士山、筑波山を望めます。 建築事業は分離発注型のコンストラクション・マネジメント(CM)方式で行います。 注)写真は本ホテルのイメージであり 書籍(Hotel Design)から転載させていただきました。